2017夏 秋田の高校野球 明桜の敗退で今年の夏も終わったな〜

  • 2017.08.13 Sunday
  • 22:47

JUGEMテーマ:高校野球

 

 

 

 

 

 

大会6日目第3試合(2回戦)8月13日(日)/阪神甲子園球場

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
二松学舎大付 0 3 0 1 1 3 3 2 1 14
明桜 0 0 0 0 0 1 0 0 1 2
先ずは明桜高校の選手、関係者の皆さま お疲れ様でした。
秋田大会で山口中心の明桜チームとは別のチーム。
それが攻守のリズムをつくれなかった。0-5からの追加点は心が折れるだろう。
継投と流れを変える攻撃をつくれなかったのは、
特に残念。点差ほど力量の差はなかった。
終わってみればエラーが痛かった。
ベンチの継投が遅い。さらにライトの守備を軽視しすぎ。
今日の状態をみれば、山口選手は勝負どころの代打だったんだと思いました。
明桜は県大会はダノトツでの優勝。リードされた劣性の場面がなかっただけに、
甲子園での未経験の場面で選手もベンチも対応できなかった。この点差は、想定内。
あとは打つだけ。とにかく先ずは流れを変える一点がほしかったものの
いい当たりが正面つくから、さらに運もない。
明桜は5点差の段階で投手も継投すべき。リズムが悪循環の結果が点数差。
最終回にホームラン出たけど… 試合の流れを変えるには遅すぎました。
輿石監督一年目の明桜、甲子園での初陣は大敗。
今夏秋田県ダントツのNO1でも甲子園は厳しいな。
過去には秋商も能代商も大敗し甲子園を知った。
2年目の輿石監督の明桜は、更に強くなるだろう。
ただ来夏は、能代か松陽が今夏の明桜の借りを返す。
期待は秋からの新チーム。 では またです。

 

 

明日の明桜はどうしたら二松学舎大附に勝てるか ?

  • 2017.08.12 Saturday
  • 23:14

JUGEMテーマ:高校野球

 

 

 

甲子園で県代表の明桜は大会第6日の第3試合(13日予定)で、

二松学舎大付(東 東京)と対戦する

 

2年生エースの負傷で、明桜は先ずは3人の継投。

予選を4割強のチーム打率で勝ち上がったチーム。

3イニング×3人の継投で9イニング。3点×3人=9点は覚悟が必要。

相手エースは左腕で140キロとチェンジアップを駆使する。

こりゃあ大変な難敵だな。この相手に10点は難しい。

 

それでも高校野球 必ず勝機はあるはず。

―盤での大量失点を防ぐ。四死球よりは打たれたほうがまだマシ。

∩蠎螢─璽垢傍綽投げさす。後半にビックイニングをつくる。

B乃紊鯏召せばなんとかなる。エラー誘発。

ぬ詰な走塁の1点よりは、ランナーをためて、つなぐ。

チ肝魯廛譟爾粘儺劼鯡Jにつける。

甲子園の観客は東京のチームより地方のチームが好き。

後半 接戦で劣勢であれば、観客は必ず明桜側を応援する。

 

勝てるとしたら10-9の打撃戦。0-10の可能性もある相手なので

ノーガードでの打ち合いに持ち込みたいところ。2年生エースが健在なら

ロ−スコアーに徹したいところですが、とにかく攻撃でイケイケしかない。

 

できれば先攻をとって立ちあがりの先取点がほしいものの

先制されても 県予選で敗退したチームの為にも 最後まで全力で

 

勝負を諦めなければ 後半相手エースを捉えた こんなスコアが見たい !

 

学校名
二松学舎
明桜 10

 

では またです。

 

 

 

8月12日(土) 第6日 第3試合 明桜(秋田)−二松学舎大付(東東京)

  • 2017.08.05 Saturday
  • 11:24

JUGEMテーマ:高校野球

 

 

 

秋田県代表の明桜高校は、東京の二松学舎大附属と対戦。大会6日目の第三試合。

いきなりの強豪校だなぁ。2年生エースが欠場が濃厚との声もあり 

その場合は打撃戦は必至。

相手のエースを打てなければ、ワンサイドの可能性すらあります。

 

それでも甲子園は晴れの舞台の祭りのステージ。

予選を勝ち上がったチームだけの特別な場所。

出場し、力の限りを出せればそれで良し。点差や勝負は二の次で

スタンドの応援団とベンチとチームが一生懸命な姿を見るだけで十分。

 

日程としては8月12日の土曜日。大体の職場はお休み。

雨で延びてもお盆休みの夏季休暇中。

ビールと枝豆 スイカにメロンでのんびり観戦。

 

ただ、まさかの2年生エースの先発登板がもしあれば、様相はガラリと

変わるんですが・・・。  では またです。

 

 

 

2017夏秋田の高校野球  今夏の甲子園も心に残る熱戦を期待

  • 2017.07.30 Sunday
  • 21:08

JUGEMテーマ:高校野球

 

2017年の秋田県代表は先日 明桜高校に決定!

全国でも今日の土日でほぼ代表校が出そろって 残すは宮城県のみ。

思えば、小学2年の1969年から2017年まで 毎年高校野球に

注目しているから、48年間もみているわけだ。

地方大会ら全国大会まで相当数みてきていますが、心に残るのは

やはり地元秋田県勢の試合。前ブログから

 

夏の甲子園 秋田県勢 心に残る好ゲーム 1976〜1990編 

夏の甲子園 秋田県勢  心に残る好ゲーム 1991〜2011編 

 

さらに心に深く刻まれるのは、よりローカルで応援する能代市勢の試合

甲子園ではこの3試合

2011年夏の甲子園ァ ’渋緇Δ靴咾譴燭次 :能代商対如水館 

1992年夏の甲子園 能代高校の動画がありました  

 

予選ではこの1試合

 高校野球の季節〜1977年 奥羽大会決勝戦から 

 

さて、今夏の甲子園 昨年は残念ながら初戦敗退。

一昨年は2勝で8強進出。やはり勝ち上がるチームは印象強いです。

 

2009年夏の甲子園 明桜VS日本航空石川との一戦。

延長戦でのサヨナラ負け。甲子園のスタンドで観戦しました。

3塁にランナーを置いての外野フライ、突っ込んでほしかった・・・。

今夏勝利できれば、中川投手が2年時の1990年の

育英戦以来だから27年の時が経ていることになります。

時の流れは早いな〜         では またです。

 

関連記事

甲子園の勝利から経法大附は26年 秋田は25年 能代24年で金農は21年

 

 

 

 

 

2017夏 秋田の高校野球 明桜の優勝で秋田の高校野球も新時代突入だな〜

  • 2017.07.25 Tuesday
  • 22:47

JUGEMテーマ:高校野球

 

 

2017年7月25日(火)/こまちスタジアム

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
金足農業 0 0 0 0 0 0 0 0 1 1
明桜 2 0 0 0 2 1 0 0 X 5

【金足農業】吉田輝星→小野寺文太―安田廣郎
【明桜】山口航輝→五十嵐琉人→佐藤光一―岩城圭悟
【二塁打】工藤大輝・早川隼喜(明桜)

http://www.aab-tv.co.jp/yume/pc/

 

今日の決勝戦 ネットでチラ見程度だったのですが、

第一シードの明桜が8年ぶりの甲子園出場 先ずはおめでとうございます。

今大会参加の選手、応援団、高校野球ファンの皆さま お疲れ様でした。

 

2回戦:6ー2横手清陵

3回戦:9ー2湯沢翔北

準々決勝:3ー2秋田中央

準決勝:6ー0大曲工業

決勝:5ー1金足農業

 

勝ち上がりをみると、ただの一度もリードすらされてない圧勝。

今日の試合のスコアーを見ると、秋田県代表が13連敗中のスコアと似ています。

投打ともに、地元選手が中心の秋田県の公立のチームと2段階くらい違う。

今日の決勝戦 酷なようですが連敗中の秋田県代表と甲子園常連の強豪校の試合のようでした。

 

昨日の準決勝では今夏の秋田県を代表する投手が、これほどまでに、打たれたことがショック。

県外の中学硬式出身者とはこんなに違うのか。甲子園で見たシーンが、こまスタでも再現された。

私は、心が狭いのでどうしてもこんなふうにしか思えませんでした。

 

今日の決勝戦 試合前は

秋田の少年野球の子達と西日本のボーイズ、シニアの子達の試合にしか見えない。

なので心情的には金足農業 全力応援。ただ初回から歴然とした力の差を感じました。

レベル差がある、絶対本命の明桜と対峙する場合

正面からの勝負だと勝ち目がないし、もっと攻撃に工夫が必要。奇策も機動力もなし。

 

秋田の高校野球もこれから新時代の到来。

指導者も選手ももっと鍛錬しないと、今夏のように明桜の独壇場になります。

明桜倒さないと甲子園も勝てない。その前に出場もできない。それとは逆に

甲子園出場を機に、さらに明桜が甲子園で勝ち上がると

明桜でプレイしたい選手は、どんどん県外から流入するという流れが出来ます。

どこかの県のように、10年連続とかも この先はあるかもしれません。

バスケットの能代工業やバレーの雄物川なども、県内ではほぼ一強だしね。

 

ただ明桜 秋田経法大附の卒業生のTwitterみると、泣きそうになるな。

みんな良かったね。甲子園での校歌ってあの中川投手の育英戦以来流れてない。

勝利の校歌が甲子園に流れたら、卒業生は号泣だな。

 

私が応援している能代市のチームは今夏も甲子園に行けず残念。

ただ今日 明桜が優勝して喜びのツイートがたくさん TLされています。

こんなに皆が歓迎してるなら、今夏は明桜に風が吹いてたんだな。

敗退したチームの為にも甲子園では勝利の凱歌を ! では またです。

 

 

私の世代は、このユニホームがしっくりくる。

 

2017夏 秋田の高校野球 記録的な大雨の状況下でも明日の準決勝は開催するのか ?

  • 2017.07.23 Sunday
  • 23:22

JUGEMテーマ:高校野球

 

大雨 秋田県内各地で浸水などの被害

秋田県内の自治体や消防本部によりますと、

記録的な大雨で各地で住宅が浸水するなどの被害が出ています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170723/k10011070361000.html

 

秋田新幹線盛岡秋田 終日運休 奥羽本線青森秋田 運休 仙岩峠46号通行止め。

秋田〜秋田県南 大雨避難勧告。こんな状況下で明日天気回復しても、試合できないよ。

主催者は、準決勝の延期を速やかに出してほしい。

 

盛岡は今は雨は今降ってない。

ただ全国ニュースのトップで秋田の豪雨の被害が流れている。

こんな状況でも高校野球の延期のアナウンスは、主催者からはない。

選手も学校も父兄も応援団もブラバンも明日の準備するしかないのか?

あまりに配慮が無さすぎ。土日に延期すべきと思う。

 

土日の29日、30日であれば天候も状況も安定するし、準備もしやすい。

ただ甲子園の抽選会が8月4日なので、出場校の様々な手配は大変になるものの

宮城大会は、当初より7月30日が決勝だし、問題はないでしょう。

 

 

 

 

 

2017夏秋田の高校野球 なぜ雨の中 準決勝の第1試合を決行したのか ?

  • 2017.07.23 Sunday
  • 00:36

JUGEMテーマ:高校野球

 


 

さてと土曜日、日曜日で準決勝、決勝の2017夏の選手権秋田大会。

降雨のため第1試合の2回終了時点で中止。現在の天気を見れば当然で

むしろ早々の中止延期のアナウンスが必要でした。

 

主催者は、秋田大会の明日の中止と延期さっさと出せよ。

応援団もブラバンも、もちろん選手も準備あるしな。中止のアナウンスが無ければ

中途半端に準備してしまう。主催者の都合より選手ファースト。

 

明桜と大曲工が第一試合。秋高と金農が第二試合。悪天候の予想の中で

順番が逆でも秋田の高野連は、今日の準決勝を強行開催しただろうか?

選手がマウンドの滑りをアピールしたのでも、アタマの固い主催者と大会本部の

本音は気に入らないだろう。秋田の高校野球の主催者の本音は

甲子園に行かせたいのは、秋高か金足農だろうな。

この雨の今日の強行開催は、こんな邪推もしてしまう。

大昔から私学と秋田市以外のチームには不利に見えるのは、オレだけかな?

秋田の闇が垣間見える。

 

25日から中学の野球が控えている。高校野球決勝と中学開幕が重複する。

ある程度の雨であれば、主催者側は強行したいんだろうな。

前は中学の開幕が長沼球場になった。経験値があるのに、日程はそのまま。

夏大の開幕を前倒しにするか、中学との間隔あけるか、3回戦以降も開催球場増やすか。

ただ、一度敷いたレールである日程を変更することが、いかに大変かは想像できる。

 

24日の月曜は大丈夫そう。ただ25日は雨で不安定。決勝は26日 水曜かも?

この雨はどう影響するか? ただ一番疲労度が高いチームには恵みの雨。

では またです。

 

 

能代松陽敗退にショック 来夏はあの2011年夏を越えてほしい

  • 2017.07.19 Wednesday
  • 21:38

JUGEMテーマ:高校野球

 

 

 

2017年7月19日(水)/こまちスタジアム

学校名 1 2 3 4 5 6 7 8 9
能代松陽 0 3 1 0 0 0 0 0 0 4
秋田 0 0 0 0 3 0 0 2 X 5

【能代松陽】檜森明日毅→清水 駿―成田涼介→佐原 瑠
【秋田】太田裕成―戸井田昌樹

 

さてと本日は業務が山盛りにも関わらず、午後8時30分には帰宅。

私が期待の能代高校に続いて、能代松陽も上のスコアーで準々決勝で敗退。

今夏も出身の能代市からの甲子園出場はなりませんでした。夏が半分終わってしまった

喪失感のショックで←大げさだな ? こんな日は仕事にならないので、明日やります。

 

今夏は第2シードで迎え、2011年以来の投打ともに揃った戦力として期待していただけに

敗退のショックも大きい。けれど考えてみれば、3番正捕手が重傷で

控えの捕手も怪我、やむなく1年生捕手をベンチ入り。それでもピッチャーが複数いるので

まだ期待していました。結果として左腕の2年生エースもこの大会登板していないし

今日の試合もピンチの場面でも登板なし。よほど不調か、故障しているんだろうな。

2011年の能代商業のメンバーでも、エースの保坂投手と捕手の平川選手が

欠場していたら、いったいどうなっていたか? 今夏の予選は、こんな非常事態だったと思います。

 

ただ、こんな状況でも、延長サヨナラ勝ちでベスト8進出。今日も一時は4点差をつけて優位に

進めていました。どうしてもここで左腕エースと3番正捕手がいたらと考えてしまいます。

まぁそうは言っても、一番悔しい思いをしているのは選手だから、外野は見守るしかありません。

 

今夏は悔しい結果になりましたが、今後の能代松陽の場合は、甲子園出場が目標じゃなくて

感動と激闘の2011年夏の甲子園16強を越えることを 目標にしてほしい。

甲子園が目標だと、その前に失速してしまう。打者が3割目標だと、3割には届きません。

全国制覇だと、あまりに飛躍しすぎだから、夢のような話で選手はピンときません。

先ずは、先輩の実績を超えることの目標が、チームにとっては現実的だと思います。

 

今夏の悔しさを忘れなければ、来夏はきっとできるはず。2010年の大敗があったからこそ

2011年の活躍があったと思います。2017年の悔しさが、きっと2018年夏に花開きますよ。

明けない夜はない、試練は乗り越えられる者だけに与えられる。そして人生万事塞翁が馬・・・

 

甲子園の大舞台で、再びNOSHOのユニホームの躍動を期待しています。

その時はきっと私も甲子園のスタンドに馳せ参じます。その日を何年でも待ってますよ。

 

 

 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

記事ランキング

ブログパーツ

参加ブログランキング

Twitter

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM