これは見逃せない! バーチャル高校野球で47都道府県のベストゲーム投票開催中

  • 2017.06.08 Thursday
  • 23:41

JUGEMテーマ:高校野球


 

さてと本日から高校野球は春の東北大会が開幕。

秋田の明桜と角館は、残念ながら惜敗で初戦敗退。残るは能代松陽のみ。

 

まぁ 春の東北大会よりは、圧倒的に人々の脳裏に刻まれるのは

夏の甲子園大会。今 興味深い面白い企画が開催中。

 

秋田県ではこの10試合がエントリー中!

http://www.asahi.com/koshien/bestgame47/akita/

 

1965年 秋田 1968年 秋田市立 1978年 能代 1984年 金足農 

1989年 秋田経法大付、2011年 能代商 2015年 秋田商 などの10試合。

 

あくまでもエントリーはチームじゃなくてゲーム

秋商や経附や能代商の試合は、他県にもエントリーされているのも嬉しい!

 

今夏の秋田県代表チームも、こんな企画にエントリーされるような

甲子園での好ゲーム期待しています。 では またです。

 

 

投票!甲子園ベストゲーム47

http://www.asahi.com/koshien/bestgame47/

 

 

 

無理をするのは春の東北大会じゃなく 夏の予選と甲子園だけ

  • 2017.06.03 Saturday
  • 23:41

JUGEMテーマ:高校野球


 

6月8日 石巻  九里学園(山形3) - 角館(秋田3) 12:00

 

6月8日 仙台  明桜(秋田1) - 八戸学院光星(青森3) 13:00

 

6月9日 石巻  能代松陽(秋田2) - 羽黒(山形2) 14:00

 

さてと上が秋田県勢の組合せ

春の秋田県大会で、今夏の第一シードになった 明桜は

いきなりの光星との試合。仮にここを圧勝したりすると、強さは本物。

明桜のブロックは、光星、山田と青森県の甲子園常連校のブロック。

ただ全出場校の中で、もっとも優勝を狙っているのは明桜だと思います。

上に行けば、盛大附、仙台育英戦も予想できますので

全国に対して、秋田県の優勝校の戦いぶりは楽しみです。

 

能代松陽と角館は、宮城の優勝校の東北高校と対戦してほしいところ。

能代松陽の投手陣が、県外有力校に対してどのようなピッチングができるか?

 

夏の予選前の最後の公式戦。正直 無理してほしくはありません。

過去には勝負と意地にこだわり、最も大事な夏の大会前に故障してしまっては

水の泡。甲子園の常連校以外には、上位進出しても、夏に結果を出せない、

さらに期待がプレッシャーになった場合もあります。

 

甲子園の常連校ではない、能代高校も能代商業も、優勝、準優勝後の夏の予選で

過去に苦い大会となったことがあります。

 

夏の予選前のチェックと修正 夏までの最後の修正テーマが見つかれば良し。

無理をするのはここじゃなく、全国高校野球選手権だけ。ではまたです。

 

 

 

夏の選手権 秋田県予選の第1シードが 甲子園出場に届かないのは何故

  • 2017.06.01 Thursday
  • 00:44
 

JUGEMテーマ:高校野球

 

 

 

 

2004年
第1シード秋田商 優勝

2005年
第1シード秋田経法大付 ベスト4

2006年
第1シード大曲工 ベスト8

2007年
第1シード  秋田 準優勝

2008年
第1シード 明桜 ベスト4

2009年
第1シード 秋田商 2回戦

2010年
第1シード 秋田商 準優勝

2011年
第1シード大曲工 2回戦

2012年
第1シード大館鳳鳴 ベスト4

2013年
第1シード 能代松陽 3回戦

2014年
第1シード 大曲工 ベスト4

2015年
第1シード 秋田南 準優勝

2016年
第1シード 能代  3回戦

2017年 

 

第1シード 明桜 ? ? ?

 

春大会優勝校の第1シード 上が夏の予選の最終成績。

2004年の出場を最後に 良くても準優勝 なんと12年間も

夏の甲子園に出場がありません。

 

 

私が学生の頃の70年代から80年代の大昔は

第1シードはほぼ鉄板で出場したものでした。

2005年から背景や情勢など、どんなものなんでしょう。

 

 

この頃に何があったかというと

夏の予選の開催球場に2005年から能代球場が加わり

2007年から完全に、こまち、八橋、よこて、能代球場の現体制。

中央地区主体の開催から、県北、県南の全県へと開催地域が広がりました。

高速道路など、高速交通体系の整備も完成したことから

選手の流れも、秋田市一極集中から、分散化傾向になりました。

その結果、90年代の秋田、秋商、経附、金農の4強体制から

現在の、本命無きの体制になりました。

ゆえにかつての4強シード校や第一シード校と他校との

格差がなくなってしまい、圧倒的なチームの存在が皆無なんだろうな。

 

イヤ、これはホントの要因じゃないな。

第1シード校と他チームの違ってのはなんだろう ?

こまちスタジアムを初戦から使用し初戦からテレビ中継。実はこれが要因では ?

第1シードだけが、地上デジタル放送で生中継。初戦から他のシード校や

有力チームに情報開示。投手のクセや打者の特徴が高画質で保存され

研究されてしまうんじゅないのかな。

 

私が関係者だったら、ベンチ外の選手には徹底して、スコアラーとして分析させるな。

投手のクセ、打者の打撃カウントなど。

ストレートの時、変化球の時 肘、肩、グラブの位置 必ずクセがあるはず。

ストレートと変化球の動作のクセを発見さえできれば、かなり優位。

そう考えると第1シード校は2戦目以降は 相手にかなり研究されている立場。

全国的にみると、県予選の初戦からのテレビ中継は極めて少ない。

大体は地上波は準決勝と決勝。一部の地域でケーブルテレビが初戦から

中継するくらいです。第1シードが甲子園に行けない要因ってのは

情報が露呈しすぎてる。さらに周囲から期待がかかる圧力。

 

体力や技術だけじゃなく、安定したメンタルも必要。こりゃ 大変だな。

敵を知り己を知らば百戦危うからず。情報は特に大事。 では またです。

 

古豪 松山商業のグランド近くに行ったとき

道端から見えないようにブルーシートで覆っていました。

結果これしか見えない。それだけデーター、情報は重要ってこと

 

 

 

 

夏の甲子園 秋田県予選 第1シードが優勝したのは2004年が最後

  • 2017.05.30 Tuesday
  • 22:53


 

 

春季秋田県大会決勝 こまちスタジアム

松陽 102|000|000 |3

明桜 001|002|01× |4

佐藤開.清水 (松陽)

五十嵐.山口  (明桜)

 

さてと、本日は 春の秋田県大会の決勝戦。好ゲームだったようで

ランニングスコアは上記の通りで、明桜高校が優勝!新監督にとっては

初の全県タイトルと東北大会出場、おめでとうございます。

 

慣れない土地、慣れない職場、このような背景があるにも関わらず

優勝し結果を残したことは大変なこと。

 

ただ、私事ではありますが、私も4月から転勤で新しい土地での仕事と暮らし。

高校野球と民間会社の実務とは違いますが
赴任や就任間もない頃の結果は、実は前任者の功績によるところが大きい。

 

新聞は、采配ズバリなんて書きますが、それだけ選手の能力が高いこと

さらにそれを指導、育成した前任者の力が、この時期の結果と思います。

むしろ今夏よりも、手腕が問われるのは来年以降と思いますよ。

 

7月11〜23 第99回全国高等学校野球選手権秋田大会(抽選6/23)

第1シード 明桜(こまち)

第2シード 松陽(八橋)

第3シード 修英(よこて)

第4シード 角館(能代)

 

今日の結果からシード校のブロックが確定しました。

これに残り8強の4校 横手 秋商 能代 秋田中央が

抽選で各ブロックのシードに入ります。

 

準決勝は 第1シードこまちブロック×第4シード能代ブロック

第2シード八橋ブロック×第3シードよこてブロック

 

ところで 一番力のあるはずの春の秋田県大会優勝校の第一シード

いつからいってないかとネットで調べてみました。

 

これが2004年の秋田商業が夏の甲子園に出場したのが直近で最後。

このチームはドラ1のピッチャーを擁し、希望枠からセンバツベスト8

さらに夏の甲子園は、センバツ優勝の済美との打撃戦での敗退。

客観的にみても、かなり力のあるチームでした。

それ以降は、ずぅ〜っと第1シードの出場はなし。決勝進出さえも少ない。

 

一昔前、いや私が学生だった頃の大昔は、第1シードが鉄板だったのに・・・

なんで秋田県大会だけ こんな感じなんでしょうかね ?

春の東北大会まで、ちょっと開いてますので

次回は このあたりを考えていきます。 では またです。

 

 

 

能代松陽と明桜高校が2017年春季東北大会へ 明日はどうなるのか ?

  • 2017.05.29 Monday
  • 23:56

JUGEMテーマ:高校野球

 

5月29日

 

準決勝 第1試合

修英 000 100 000 | 1

明桜 000 301 30× | 7

 

 

準決勝 第2試合

松陽 140 200 0 | 7

角館 000 000 × | 0

7回コールド

 

明桜は佐藤→曽谷→山口と継投で修英との私学対決を制しまして。

能代松陽は、成田→ 檜森のリレー  エースナンバーは温存

秋田修英はアンダーハンドの主戦を温存

 

ベンチの指導者のそれぞれの思惑が交錯します。面白い !

明桜の監督は今年度からの転職での就任。

私学がゆえに、先ずは新監督としての結果が求められます。

私が転職してこの立場であれば、是か非でも初タイトルが欲しい!

明日の明桜は一気に優勝を狙っての布陣でくるだろうな。

 

一方で能代松陽、短いイニングの継投で

明桜の強力打線との相性を見極めるには、最良の機会。

3人の投手陣で3イニングづつ。夏に向けての貴重な材料になるかと。

 

2校が順調に勝ち上がった場合でも、対戦するのは決勝戦までなし。

能代松陽は、手の内を見せない布陣でくるかもしれないな ?

それでも初タイトルがかかる明桜の場合、全力で勝ちにくるだろうな。

決勝は明桜の圧勝なんてことも十分考えられます。

第一シード 初戦からテレビ中継 新監督就任の初年度としては

願ってもない機会。

 

ただ、第一シードがここ十年くらいは甲子園に行ってない事実も

秋田の指導者や選手、高校野球ファンは知っています。

このジンクスを打ち破れるのは、逆に県外からの新監督、県外選手が主体の

明桜高校かもしれません。 まぁ そういう意味からも明桜の第一シード

興味深いです。 では またです。

 

 

 

ほぼ15年ぶりに八橋球場で高校野球観戦しました

  • 2017.05.28 Sunday
  • 22:40

JUGEMテーマ:高校野球

 

 

 

東北を離れて11年 加えて秋田県を離れて14年。

おそらく15年ぶりくらいに八橋球場で高校野球観戦。

こまちスタジアムは秋田県を離れてからオープンしましたので

むしろ秋田の野球というとここがしっくりきます。

 

私が観戦した中で思い出深いのは

昭和53年の能代VS本荘の決勝戦、平成4年の能代VS金足農業の決勝

さらに西武ライオンズ 松坂投手のピッチングなど。

 

さてと 下記が本日の結果です。8強が確定しましたので

夏のシードは確定。ただ本日は4強確定しましたので 昔からある

シードは球場ごとに分かれる第1シードから第4シードの4校ですから

能代松陽、角館、明桜、秋田修英が真の2017年夏のシード校

 

第65回東北地区高等学校野球 秋田県大会

 

準々決勝

 

中央 001 000 0 | 1

松陽 302 001 2× | 8

(7回コールド)

 

秋商 000 001 | 1

角館 010 021 | 4

 

横手 000 000 0 |0

明桜 002 113 ×|7

(7回コールド)

 

修英 200 110 32|9

能代 020 000 00|2

(8回コールド)

 

好カードのわりには、3試合がコールドという結果。

秋田修英の技巧派 変則のアンダーハンドは

貴重なだけに、興味深い! 能代打線をフライで封じました。

 

夏の大会を考えた場合

能代高校も能代松陽も、対戦するのは準々決勝以降の大会後半戦。

初戦では対戦したくないな。

 

明桜は新監督就任後公式戦は負けなし。私学で新監督であれば

是か非でも初のタイトルがほしいところ。モチベーション高いのは

明桜高校なんだうな。一方の秋田修英も県大会の制覇きないはず。

 

東北大会は、秋田県で初めて私学2校の出場も見えてきました。

むしろ全国では、高校野球が私学優勢なのはスタンダードなこと。

 

進学校のOB 卒業生には残念なことかもしれませんが、

進学校が甲子園に出場、全国上位進出など現在のレベルの高い状況では

現実的には夢のまた夢・・・

まぁ それでも十数年に一度は、チャンスは巡ってきますので

野球強豪私学よりも、その分熱狂もありますが。

 

2017の夏は、明桜 秋田修英の私学2校に相対する公立校という図式かな。

 

では またです。

 

 

 

 

 

 

 

 

2017夏 秋田県大会のシード8校決定 ノーシード爆弾も確定

  • 2017.05.27 Saturday
  • 00:36

JUGEMテーマ:高校野球

 

 

さてと 春の秋田県大会 ここで8強が出揃いました。

明桜 × 横手  秋田商 × 角館  秋田中央 × 能代松陽  秋田修英 × 能代

 

昨夏の秋田大会の8強 

大曲工、角館、秋商、能代松陽、能代工、秋田修英、大館桂桜、大館国際

昨秋の秋田大会の8強 

横手、角館、大曲工、秋商、能代松陽、能代、大館鳳鳴、秋田修英

 

この度は、春の地区大会の優勝校と準優勝校がシードに該当する結果になりました。

ここで夏秋春の3季連続8強というと 能代松陽。力は安定しています。

上の1校を除いたなかで秋春の8強というと能代、横手高校、秋田商、角館、秋田修英の5校

 

さらに有力校でノーシードとなった昨夏の代表の大曲工 好投手の金足農業

またこの度シード権獲得した新監督の明桜。

おそらく2017年夏の甲子園は、現時点ではこの9校が有力かな?

特に、能代松陽、明桜、秋田商はランニングスコアだけ見ると層が厚い印象。

明日で4強確定で、さらにその後東北大会への3校が確定。

 

まぁ 能代高校と能代松陽は 勝ち上がっても夏は最短準々決勝までは対戦なし。

これは先ずは朗報だな。シード権は取れたので、次は無理せず。6月開催の

春の東北大会はオマケのようなもの。夏が本番。では またです。 

 

 

 

 

村田選手が昨夜まさかの判定負け 再びミドル級のタイトルに挑める日は来るのか?

  • 2017.05.21 Sunday
  • 22:55

JUGEMテーマ:ボクシング

 

<ボクシング>村田判定負け波紋、WBA会長「再戦求める」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170521-00000088-mai-spo

 

さてと、昨夜のWBAの世界ミドル級タイトルマッチ。

軽量級と迫力が全然違う。層の厚さ、豊富なキャラクター これだけの

迫力であれば、ビックマネーが動くイベントというのがよくわかります。

 

試合内容は、ネットで私のような素人が声高に叫ぶように

ひいき目に見ても、村田選手の勝ちだな。ただ結果は1-2で判定負け。

しかもホームの日本の会場で。プロボクシングは摩訶不思議なスポーツ。

 

プロボクシング、スポーツ以前に先ずは興業なんだな。

ビックマネーが動くミドル級のタイトルは、東洋に流出させるには行かないってこと?

再選求める動きがあっても、現実的には再戦は難しいだろう。

村田選手のモチベーションもあるだろうし、一気に引退なんてこともある。

 

ボクシング現王者一覧 ウィキペディア

 

こうやってミドル級のタイトルホルダーみると3団体とWBAのスーパー王座に

ゲンナジー・ゴロフキン が君臨しているので今回のWBAと

あとはWBOしか残っていません。

 

ボクシングのプロモートやマッチメイクについては全く知りませんが

この状況下とミドル級の持つ市場を考えると、東洋の日本人選手にとって

今回は千載一遇のチャンスだったんだろうな。

 

一気に引退なんてことになったら、日本のボクシング界にとっても

大きな損失だし、本人にとっても悲運ボクサーのまま終わってしまいます。

 

ここはミドル級に固執せず

一ランク落としたスーパーウエルター級にターゲットを移すべき。

4団体があるのでこれで選択肢が広がり交渉権も多岐になります。

先ずは是か非でも世界タイトルが欲しい。それが次の再戦、ミドル級獲得への

最短距離と考えます。 間違っても引退に舵を切ることがないことを願ってます

 

 

 

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

記事ランキング

ブログパーツ

参加ブログランキング

Twitter

アクセスカウンター

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM